Eco_Project 活動日誌 携帯投稿 レースれぽ

■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2019年05月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

'10WEM秋田・決勝
5/4決勝日。
天気は曇り。空は暗く、雨が心配されます。雲
風は昨日より弱めの南西の風。

本日は6時半ごろ会場着。
ピットを準備しおのおの作業開始です。

にゃか・ひょ~さん→ギア
Bitteruさん→バッテリー
のっはーさん→プログラム
やなっちさん→風損対策・にゃかさんサポート
さとえり→スクリーンの雨対策

昨日よりギア比を上げます。
マップもそれぞれの上げ幅(?)を広げます。
今日こそきれいに使いきれるように。グー

作業中。本日も田口さんがお見えに。
「おぉ~~癒して。」
(↑にゃかさんから田口さんへのお願い(笑))

にゃかさんは相変わらずの緊張っぷり。すかさず田口さんにつっこまれる。
「緊張してるんですか!?こういうのは普通ドライバーのほうが緊張するんじゃ?」
「だよね~!でもさとえりは緊張もせずいつもこの調子だし。。」
(にこにこ&へらへら)
「ぎゃく逆っ!!」

ひとしきり笑わせてもらった後、田口さんは準備のためピットをあとに。。
ありがとうございます。四葉
そして今日も折り返しでお世話にならないようにがんばります!

田口さんにかわって今度は取材陣の方がお見えに。
取材を受けるにゃかさんの様子をカメラに収めつつピットテント裏に逃亡。。ダッシュ

が。
「ドライバーの人の話も聞きたいってさ。」
あぅ~。。

・・・はたしてきちんと話せていたのでしょうか。。
とりがいの無い子だったら申し訳ない。。もし使うならプロの技でなんとか!(願い)汗

決勝レースは11時から。
10時にはグリッド・イン開始。10時半から開会式。

予選1位だったので1番グリッド。
前方に車両がいないのはうれしいかぎり。音符
今回は他車両より加速が遅いので、後ろの方々はがんばってよけていってくださいね。

今日は余裕を持って5分前にはスタート準備完了。
後はスタートの合図を待つのみです。

11時。定刻どおり決勝レーススタート。

スタートの加速がはやいと感じたのはTachyon、GRIFFON、リボンGo。
あっという間に前方に消えていきました。

昨日より風が弱いからか、折り返しに向かっての速度は約49km/h。
本部前に向かっては46km/hと昨日ほど差がありません。
折り返し手前での速度の落ちもはやいので、タイミングを調整します。

一度だけ目標物を見失い。。汗
折り返し前の操作がだいぶ遅れました。。
めいっぱいの回生で、なんとか折り返し進入速度は確保できたものの、効率悪い。。
「ごめんなさ~い!」の報告。

2、3周したところで前方スクリーンに水滴がついているのを確認。
撥水処理はしていなかったので一瞬心配になりましたが、次の周には雨も止んだようで。
曇ることも無く順調に走行しています。

徐々にマップを上げていき、本日の本部前コーナー進入速度は最速46km/h。
ちなみに昨日は44km/hでした。
籾井さんは40km/hで入り、35km/hでぬけていたとのこと。

「よくその速度でまわれるね。。」
みたいな事を聞かれたように思いますが、怖さは全く無く。
安定して走行しています。

河合さんは最高48km/hで走り抜けたことがあるそうなので、
その速さで54号が走れることは車両的には実証済み。
あとはドライバーですかね。

折り返しの進入速度は昨日と同じく25km/hを目標に。
一度だけ折り返し内で車両に近づきすぎて一瞬ヒヤッと。。
2回ほど割り込んだような状態になったのはごめんなさい。。汗
昨日より他車両と一緒に折り返しに進入することは多かったものの、トラブルも無く。

そして、13時。決勝レース終了。
速やかに停止……しまった。2台抜いちゃった。

「お疲れ様です~。ごめんなさ~い、またしくじっちゃいました。。」

にゃかさんの声をきき、とりあえずいい順位・記録でないことを実感。
そして聞かなかったのでわからぬまま。。。
はて、どれぐらい走って何位だったのでしょう。。

カウルのテープを外してもらい、車両から脱出。
オフィシャルの方の指示に従い、少し戻ったところにチョークでゼッケン番号を書き。
車検と計測、お迎えを待ちます。お茶

それより前に取材陣のかた到着。
「優勝なりませんでしたね。。」
「そうみたいですね。。」
「2位ですね。」
「そうなんですか・・(?)」

会話が成立していない。。(TV的に使えない?)
「順位とか距離ってご存知ですか?」と聞かれてしまいました。
「わかりません。中村さんの声からして、いい記録でないことはわかっているのですが・・・」

(まわりを見渡し自分の位置を確認)
「・・・昨日より少しのびて・・・14周と折り返してここまで、ですかね?」
「ですね。」

後に田村さんにも「自分がどこ走ってるか(順位)って気にならない?」
「ピット前とかは特に折り返してきた車両が見れると思うけどどうなの?」と聞かれましたが、
走行中の順位は気にしません。気にしても私がどうこうできるものでもないし。
それよりも路面とにらめっこ。

時間はたまに気になるときがあるけれど、決勝だと積算でおおよそ時間分かるし。
予選の時なんかはたぶん操作とかコースになれることに必死なのか、時間すら気にならないしね。。

メンバーも到着し、車検も終了したのでピットに戻ります。
本日は犬のお散歩状態。紐を車両にくくりつけ、引っ張ります。いぬ
ステアリングは操作しないといけないので、私は車両に乗ったまま。
ご主人様はやなっちさんです。

途中。木村先生発見。そして取材陣の方々も。
「僕が引いたらTV的に面白いんじゃない?」と木村先生にバトンタッチ。
そしてがっちり撮られる。。

「これで54号の転がり具合がわかるね~」
なんて言いながら、結局ピットまで引いていってくださいました。
お疲れ様です。

ピットに戻り、本日もがっちりババヘラゲット!ハート
斎藤さんがいらして54号に乗ってみることに。
肩が入らず収まりきることはできませんでしたが、楽しそう。チューリップ

そして表彰式。
first stepさんは2位。
おめでとうございます。

これにて大会日程はすべて終了。
また来年!

| http://t-works.dabits.net/index.php?e=24 |
| レースれぽ | 12:28 PM | comments (0) | trackback (x) |










PAGE TOP ↑